25歳の天使 ダイエットを楽しくしよう!

25歳の天使

すいません、今回はダイエットとは関係ない事です。
でも、皆さんに知っていただきたく思っています。

街全体が津波にのみ込まれ約1万7000人の人口のうち、約1万人の安否が分からなくなっている宮城県南三陸町で最後まで住民の避難のために声を振り絞っていた女性をご存知ですか?

彼女は25歳でした。

最後の最後まで、南三陸の住民の避難のために彼女は声を振り絞っていました。

彼女の最後の声は「6メートル強の波があります。早く逃げてください」。
それが最後に津波に消されたそうです。

自分のことより一人でも多く非難させようと最後まで声を絞り上げていた遠藤未希さん。

あなたの気持ちは無駄では無かったです。

「娘は最後まで声を振り絞ったと思う」。
お母さんである遠藤美恵子さん(53)は、避難先で涙を浮かべながら、「(生き残った職員から)『未希さんが流されるのを見た』という話を聞いた。もうダメだと思う」とつぶやいた。

地震直後、遠藤さんの知人、芳賀タエ子さん(61)は「6メートル強の波があります。早く逃げてください」という未希さんの放送の声を聞きながら、携帯電話だけを持ち、着の身着のままで車で避難所の高台を懸命に目指した。

芳賀さんは遠藤さんの手を握って言った。「娘さんの声がずっと聞こえたよ」

こんな風にして、自分の身を犠牲にしてでも、沢山の人を助けようとした人がいる。
そして、他にも、多くの警察官や消防署員が亡くなったり、行方不明になっている。
おそらく、同じように一心に職務を全うしようとして、我が身を危険にさらしたのだろう。

そのことを、生き残っている私たちは、いつまでも忘れずにいたいと思う。

そして、こうした人たちが、わずかな可能性であっても、まだどこかで生きていてくれればと祈りたい。

私の友人の何人かは未だに連絡が取れません。仙台にいる親戚は被災しました。
彼らに対して、私は何が出来るのであろう。
わたしに出来ることなど、せいぜい募金くらいのものです。

募金も詐欺がかなり多いと聞いていますので信用できるところでして下さい。

わたしが募金をしたのはこちらです。
今こそ力を!

単刀直入にいいます。100円でも1円でもいいです。募金に協力してください。

今、僕らにできること、とか綺麗ごとではなく、1円でも10円でも必ず、役にたつからです。

映像だけではリアリティを感じることができないかもしれませんが、
これは現実で、そしてあなたが住んでいる日本で起こっていることです。

皆さんお願いです、もう少し、あなたの隣人を愛して下さい。

もし、賛同していただけるのであればお願いします。
今こそ力を!


この記事へのコメント

尺八してもらったけどありゃたまんねーな!!
ジュパジュパ凄い音させながら吸いつかれて、30秒で発射しちまった(笑)
しかもオレ、女にお任せして寝てただけなのに5マソも貰った件wwww
http://ivypdvt.jp.takaoka.mobi/
Posted by 吸引力の変わらないただひとつの… at 2011年07月30日 23:26
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。